サロン

ママ達によるハーブティー商品開発裏話

いつもサロン内で、子育てのことや仕事のことなどを情報交換しているサロンのママたち。
コロナで大打撃を受けた飲食店経営者ママを支援するため、ママ向けオリジナル商品開発にチャレンジしていますので、その裏側をご紹介します!

yummy mommy ハーブティー販売サイトはこちら

きっかけは、たった一つの投稿だった

現在、福田萌のママズオンラインサロンで行っている「ハーブティー」の
商品開発ですが、きっかけは、飲食店経営・ハーブティーのブレンド・販売を仕事とする あるママのひとつの投稿でした。

「大好きなものを、大好きな仲間と楽しめるようにサロンオリジナルハーブティーをつくりたい」

投稿にはたくさんのいいね!が。
その思いに賛同したママたちは、「私たちママが楽しめるハーブティーって何だろう」という議論を繰り返してきました。

開発会議は子どもが寝てからZOOMで

オリジナルハーブティー開発会議は、夜遅く、子どもが寝てから開催されました。
ハーブティーになじみのないママも多い中で、ママたちから、どんなときにハーブティーを飲みたいか?どんな生活習慣に取り入れたいか?などアイディアが出されました。

その中で、まとまった意見が
①抗酸化強めのハーブティー
②リラックスできるハーブティー
③子どもと楽しめるハーブティー

の3つを作りたいという内容でした。

手探りのハーブティー開発。ママ仲間の一言で一致団結

さて、こういうものを作りたいと決まったのは良いものの、ここからどうしよう。

オリジナルハーブティーを開発したらやってみたいことなどがたくさん出てきて、この後どのように舵をきったらよいのか一時、迷走しそうになりました。

そこで、とあるママがひとこと。
「今までの流れを整理して、開発の”目的”の優先順位を決めましょう」

そこで、開発目的をより明確化し、明文化するミーティングが実施されました。

その中で明確になった、今回の商品開発の目的。それは、

「コロナ禍で打撃を受けた飲食店経営者ママをサロンのハーブティーの売り上げで救いたい。そのために、100個のハーブティーを売る。目的はコロナ損失を補填する”利益”である」

というもので、参加者全員の同意のもと設定されました。

実は発案者のママは、飲食店やハーブティー販売の売上が新型コロナウイルスの影響で激しく落ち込んでいたのです。

―そんな発案者ママの助けになるような、サロン外のママにも買ってもらえる新しいハーブティー商品を作ろう。―
重要なのが、売上であり、利益であるということが明確になって、ママ達の思いも、「ママ仲間を救いたい!販売したい!」というモチベーションへ大きくシフトしました。

オンライン試飲会に挑戦

ハーブティーの名称もおおむね決定し、次はサロンメンバーで試飲をして実際に販売する商品の内容を固めていくことに。
当初はサロンのオフ会の際にリアルで開催することを考えていましたが、緊急事態宣言により、リアル開催が不可能に。
オンラインでの試飲会に挑戦することとなりました。

当日は、14名のサロンメンバーが参加しました。ZOOMで繋ぎながら各自でオリジナルブレンドのハーブティーを淹れて飲み、感想やアイデアを共有します。非対面ではありますが、とてもにぎやかでなごやかな、午後のティーパーティーとなりました。
発案者ママのブレンドした おいしいハーブティーにうなるママ達。このおいしさなら、自信をもって販売できる!と実感できる機会となりました。

ハーブティー試飲会の様子

今まさに、販売をスタートさせようとしています

試飲会で一番人気だったのは、ルイボスティーをベースとしたチャイ。狭義には紅茶で作られるチャイですが、ノンカフェインで実現しました。
厳選されたハーブを活用したスパイスの薫り高いチャイが、大ヒット商品になりそうな予感です。

このハーブティー商品開発の成果は、もうすぐこのブログや、カーサンズのインスタグラム等でお披露目できる予定です!

ぜひ、福田萌のママズオンラインサロンのママたちの努力がつまった、最高のハーブティーの発売開始を楽しみにお待ちください!

4/3追記:

ついに販売開始となりました!

yummy mommy ハーブティー販売サイトはこちら

ABOUT ME
カーサンズ
カーサンズ
私たちは、「福田萌のママズオンラインサロン」メンバーのママ友グループです。 オンラインで匿名で活動しているメンバーと意見交換したり、雑談した内容を、公式にこちらに「ちょい見せ」しています。 サロン内のルールは、「ママがくつろげる場所を目指すこと」と「否定しないこと」です。 サロンで許可をとった内容を、見やすくちょい加工はするものの、あまり盛らずにありのまま発信しています。